今こそ独り立ちのチャンス!

一人暮らしは仕事から帰ってきて安心できるかがポイント

独り立ちをすることは全然難しくない!

サイト管理人

当サイトを閲覧いただきありがとうございます。一人暮らしと寮暮らしの経験を持っている管理人が独り立ちに関することを紹介させていただきます。 お問い合わせ先:<MAIL>

新着情報

お部屋探しのポイント

一人暮らしを始める時にはいくつか注意しておかなければならないことがあります。例えば看護師であれば夜勤で夜中にいないことがあるなど、自分の生活に合わせてお部屋探しをすることが大切になります。一人暮らしをする上でのお部屋探しのポイントを紹介します。

お部屋探しのポイント

セキュリティを考えよう

セキュリティを考えよう

女性の一人暮らしを考えるのであれば特にチェックしたいことがセキュリティです。最近のマンションは防犯に関してしっかりとしているところが多いですが、実際に防犯性に優れているかどうかは自分でもしっかりと考えて判断しなければなりません。夜中に家の出入りを行うこともあるので、そのような場合もしっかり想定した一人暮らしの部屋を考えましょう。
まずは第三者が入ってきやすいかどうかという点は防犯上大切なポイントです。管理人がいるかどうか、防犯カメラはあるのかどうか、共有スペースに入るための鍵があるのかどうかなど様々なチェックポイントがあります。そして一人暮らしでは訪問者が来た際にはどのような人が来たのかをチェックするために、インターフォンにモニターが付いている方が良いです。モニターを見て宅配の人なのか、友人なのかなどをチェックできるだけで随分違います。見慣れない人が来た時には出ない選択肢を持つことができます。
最後にマンションに外部から入ってくることのできる経路があるかどうか、人通りが多いのかどうか、すぐ近くに逃げるところがあるのかどうかなどのチェックをしましょう。コンビニなどは夜中でも入ることができるので、近くに24時間のコンビニがあるとなお良いです。またなるべく人通りの多いところにマンションがあることである程度の防犯にもなります。

女性の防犯意識は、やはり男性よりも高い。部屋探しの際に気にするものとして、「セキュリティ」と回答した女性の割合は、男性の約4倍だった。この特集では、オートロックなどのセキュリティ設備を備えた物件を掲載している。

SUUMOより引用

SUUMOは女性の一人暮らしに関する防犯のしっかりとした理解のあるお部屋探しをすることに適している物件紹介サイトです。 一人暮らし向けの物件はここから SUUMOイメージ

居心地の良さ

居心地の良さ

やはり一人暮らしをしていくことを考えれば居心地の良さに関しては重要度が高いです。そのため室内の色や匂い、そして自分が窮屈に感じないかどうか、窓の広さなどを重要視します。テレビの置く位置、ソファーの位置などは自分で調整が効くためどの部屋に入っても問題ありませんが、広さや間取りなどは物件で全て決まってしまいます。毎日帰宅して安心することのできる空間を意識して、落ち着く家という意識を持ってお部屋探しをしましょう。

「ワンルームから2LDKまであなたにぴったりの賃貸を探そう」掲載中の賃貸住宅[賃貸マンション・賃貸アパート・賃貸一戸建て]から<一人暮らし(単身)にぴったりな間取り>を特集。

ライフルホームズより引用

ライフルホームズでは一人暮らしにぴったりな間取りを特集として組んでおり、賃貸情報を探しやすいおすすめの物件紹介サイトです。 一人暮らし向けの物件はここから ライフルホームズイメージ

独り立ちしたいあなたへおすすめ