今こそ独り立ちのチャンス!

仕事を始めて実家を出るメリットについて

独り立ちをすることは全然難しくない!

サイト管理人

当サイトを閲覧いただきありがとうございます。一人暮らしと寮暮らしの経験を持っている管理人が独り立ちに関することを紹介させていただきます。 お問い合わせ先:<MAIL>

新着情報

田舎と都会の病院の違い

看護師として働いて実家を出ようと考えている場合に知っておいて欲しいことが、田舎の病院と都会の病院の違いについてです。基本的に仕事に違いはありませんが、その体制や給与などの待遇についての差があります。参考にしていただき実家を出て働く際の判断材料にしていただければと思います。

田舎と都会の病院の違い

設備が最新の都会の病院

設備が最新の都会の病院

都会は田舎の病院と比べて医療が進んでいるところが多く、新しい医療機器を入れているなど最先端の医療を知るには良い職場が多いです。全国的に有名な病院も都会の方が多く、特定の科を学ぶには都会の〇〇の病院が良いといったような評判で患者さんも全国的に集まる病院があります。
こうした環境で働くことのできる病院が多いため、様々な症例の患者さんを見て看護を学ぶことができたり、高度な医療設備が配備されている環境で仕事をすることができます。看護師としてもっと成長をしたいと考えているのであれば、都会の病院では良い環境の中で成長していくことができます。

給与が高い傾向がある

給与が高い傾向がある

田舎の看護師が東京の病院に勤めて驚いたこととして多いのが、夜勤回数もほとんど変わらないにも関わらず給与が5万円以上高くなったという点だそうです。もちろん東京は田舎と比べるとまず家賃が高いので同じ給与では生活が苦しくなりますが、単純に5万円以上高くなることで年収は60万円以上変わります。
東京などの都会では新卒の新人看護師の初任給からすでに高く設定されているところが多く、地方と比べると収入の面では優遇されることが多いです。高収入を目指すのであれば田舎の病院よりも都会の病院で勤める方が良いです。

教育体制が整っている

教育体制が整っている

田舎の病院では人口が少ないこともあり、大きな規模の総合病院は少ないことがほとんどです。個人病院で働いている新人看護師であれば、なおさらしっかりと勉強をしたいと教育に関する願望が出てくることも珍しくありません。一方で都会の病院は新人看護師への教育制度も整えているところが多く、新人看護師で働き始めた頃から看護師としての基礎を学ぶことのできる環境があります。
田舎の病院では看護師の数が少ないということもあるので、なるべく早く仕事に関して独り立ちして欲しいという思いが強いところが多いです。都会の病院は1年目、2年目、3年目と段階的に研修が行われるところもあり、比較的長い目で成長を見てくれる病院が多いです。そして看護師からキャリアアップをしていく支援を行なっているところも都会には多いため、資格を取得しやすい環境を求める看護師にとっても都会の病院は良いでしょう。

独り立ちしたいあなたへおすすめ