今こそ独り立ちのチャンス!

寮での生活はプライベートの確保が難しい

独り立ちをすることは全然難しくない!

サイト管理人

当サイトを閲覧いただきありがとうございます。一人暮らしと寮暮らしの経験を持っている管理人が独り立ちに関することを紹介させていただきます。 お問い合わせ先:<MAIL>

新着情報

プライベートの確保が困難な寮暮らしのデメリット

寮暮らし特集として寮暮らしの魅力だけをお伝えするのではなく、寮生活をしていく上でデメリットになることもしっかりと把握してもらい、寮暮らしかどうかの選択をしてもらいたいと思います。寮暮らしをしていく上でデメリットになることを紹介していきます。

プライベートの確保が困難な寮暮らしのデメリット

先輩の誘いが断りづらい

先輩の誘いが断りづらい いくら先輩と仲が良かったとしてもどうしても家でゆっくりしたいという、仕事でとても疲れている時はありますので、先輩から誘われた時にはどこか断る理由が欲しいものです。しかし寮暮らしをしていると周りは会社の人たちばかりですので、「別の用事があるので」といった断り方をするとばれてしまう可能性が高いため難しいです。もちろん素直に断ることができれば良いですがなかなか通用しない先輩もいますし、新人であればなおさら断ることができないということもあります。
また先輩から急に電話などでこれから飲むからといった誘いを受けた場合もすぐ近くにいるため断る理由が見つけづらいです。そして一度参加をすれば早めに切り上げる理由も見つからないという点があります。同じところに住んでいるので「終電があるので」などは通用しません。結局早く帰ろうと思っても参加すれば先輩たちと最後まで付き合うことになります。
もちろんこれらは人付き合いがとても好きで、会社の人たちとわいわい騒ぎたいという人にとってはメリットにもなりますので一概にデメリットとは言えません。しかし少し休みたいと思ってもなかなかうまくいかないこともある点や、すべての人がどのタイミングでも飲みたいと考えている人の方が少ないという判断でデメリットとして挙げています。

プライベートがない

プライベートがない

これは上記で挙げた例と少し似ていますが、飲み会等に誘われたり急に部屋に来られることなどがあることに加えて、共同部屋や共同トイレ、そして共同風呂などの寮ではさらに一人の時間というのは少なくなります。共同部屋だった場合には完全にプライベートがなくなってしまうため、一人の時間を大切にしたい人の場合では大きなデメリットとなります。

看護師寮の場合

看護師寮の場合

看護師は女性社会となりやすい傾向にあるため、人間関係でややこしくなることが比較的多い職場です。そのため看護師寮の場合に大きなデメリットとなってしまうことが、寮でのトラブルが仕事に直結してしまったり、職場でのトラブルが寮暮らしに影響してしまうという点です。
また、人間関係以外にも災害時や交通網が麻痺してしまって人が足りないなどの緊急時には寮に住んでいる職員から呼び出しがかかることが多いです。そのため出勤できなかった人の代わりに働くというケースもあります。

独り立ちしたいあなたへおすすめ