今こそ独り立ちのチャンス!

寮暮らしのとても魅力的な安さと通勤に関して

独り立ちをすることは全然難しくない!

サイト管理人

当サイトを閲覧いただきありがとうございます。一人暮らしと寮暮らしの経験を持っている管理人が独り立ちに関することを紹介させていただきます。 お問い合わせ先:<MAIL>

新着情報

安さが魅力の寮暮らしのメリット

寮生活は苦学生といったイメージがありましたが、現在では寮生活に関するイメージも徐々に変わっています。一人暮らしをするにもお金が足りないからしょうがなく寮生活を選択するといったイメージは少し古いものとなりました。現在は寮を完備している企業も多くなっていることや、求人を探す際に寮があることを条件にしている人も増えています。そんな、今注目を集めている寮生活に関するメリットを紹介していきます。

安さが魅力の寮暮らしのメリット

家賃が安い

家賃が安い

寮生活のメリットとして誰もが考えることに、家賃の安さがあります。寮費に関しては地域によって差がありますが、おおよそ寮費がかからない0円から高くても4万円ほどといった程度になります。実家を離れて生活をすることを考えてまず不安になることは、生活費などをしっかりと払っていけるだろうかという点や、遊ぶお金がほとんどなくなってしまうのではないかという費用面に関する不安だと思います。しかし寮生活をすることを考えれば毎月の支払いの大きなウェイトを占めている家賃をかなり低くすることができます。
収入における家賃の適正割合がありますが、一般的に収入の3分の1が家賃にかける費用の適正と言われています。収入が月20万円の人なら7万円弱を家賃にするのが適正ということになります。しかしこれは実際に一人暮らしをしている人ならよくわかると思いますが、あまりにも高すぎます。東京などで一人暮らしをすることを考えればおおよそ7万円は見積もらなくてはなりませんが、寮費を考えれば7万円もかからずに実家を離れることができるため大きなメリットになります。

勤務地との距離

勤務地との距離

都会で生活していて特に疲れてしまうのが通勤です。都会であれば出勤時間のピークでは満員電車でぎゅうぎゅうになりながら勤務地を目指して1時間近くかけて出勤しています。「一部の人たちだけで大げさでは」と考えるかもしれませんが、首都圏に住んでいる人を対象とした調査では平均時間が58分となっていますので、実はこれが当たり前の首都圏の通勤事情です。
これらを考えると往復で約2時間もの時間を要するのが当たり前となりますが、寮生活では基本的に勤務地と距離が近いところがほとんどです。そのため公共交通機関を使用することなく歩いて勤務地まで出勤することができることも多いです。こういった面を考えても1日の時間が1時間以上も浮くことを考えれば、勤務地との距離が近いことは大きなメリットと言うことができます。

独り立ちしたいあなたへおすすめ